ポーランド滞在の記憶 その2

Dzień dobry!!ジェイン ドブリィ!!
こんにちは!!)

Mietekです。

ポーランド滞在を思い出しながら「ポーランドってこんな国」というお話をぼくの経験からお伝えするシリーズ第2回目です。

前回、ポーランドの紙幣&貨幣のお話をしましたが、その際にショパン紙幣のことにも触れました。その記事を読んでくれたポーランド人のお友達Pちゃんがその紙幣を現地オークションで入手し、送って来てくれました!!!!!!

Dziękuję bardzo!!ジェンクィェン バルヅォ!!

 

上の紙幣が、ショパン生誕200年の2010年に発行された20złotyの紙幣、下が1988年に発行された5,000złotyの紙幣です。


しかししかし!!5,000złotyと言えば、現在の為替相場で約165,000円です(^_^;)
「こんなものもらっていいの?」と聞いたところ、どうやらこの紙幣が発行された後の1995年にデノミネーションで通貨単位の変更があり、
złotyは1万分の1になったそうです(笑)ですので、現在は17円程度でしょうか・・・。

それを聞いて安心しました(笑)

さて、前回の続きですが、朝起きてホテルを出、文化科学宮殿を眺めた後は徒歩でワルシャワ内の散策をしました。


この旅は博士論文執筆のためにショパン関連・ポーランド民謡関連の論文や資料を集める目的でしたが、まずはショパン関連の施設に観光を♪


異国人が1人で歩いていてもティッシュをくれたりアンケートに答えてくれとか色々言うて来ます(笑)

「入門」としながらもポーランド語の文法を網羅した「ポーランド語入門」という、今ではもうなかなか入手できない文法書を片手にひたすら散歩。

ワルシャワ・ポビシレWarszawa Powiśle駅を通過して、ショパン博物館を訪れました。

 

が、この年はちょうどショパン国際ピアノコンクールの前年で、それに合わせて改装をしているところで何をどう言っても入場させてくれませんでした(^_^;)

仕方がないので、ショパンも通っていたショパン音楽アカデミー(旧ワルシャワ音楽院)(Uniwersytet Muzyczny im. Fryderyka Chopina)へ。
このショパンアカデミーは、私の母校と姉妹校ですのでここからよく特別講義や公開レッスンに教授陣が来校されていました。
ちなみに、ぼくのラジオ番組で共にパーソナリティを務めてくれている“かぬーしゃ”はこのショパン音楽アカデミー出身です。
さらにワルシャワ周辺を散策して行きますと・・・

ワルシャワ大学図書館(Biblioteka Uniwersytecka w Warszawie)

とても洒落た建物です♪
ここでウロウロしていたらポーランド美女が声を掛けてくれ、ぼくが日本人だと知るととても親切に色々と教えてくれました♡
ポーランドでは日本人だと親切にされることが多いです♪


男性の皆さん、ポーランドは美女がとても多いですよ(笑)


途中、太陽中心説のコペルニクス像に挨拶し(ポーランド出身の天文学者です)、名門ワルシャワ大学(Uniwersytet Warszawski)へ。


このワルシャワ大学、日本の東京大学みたいな位置ですが、最も人気があるのは「日本語学科」。しかも毎年倍率は30倍を超えるとか・・・。どれほど親日かがよく窺えますね。ワルシャワ大学自体が、EU圏内でトップクラスの日本研究機関だそうです。

ちなみに、その日本語学科の現在の教室は、ショパンが通っていた高校の教室を使用しております。


帰りにシマノフスキが住んでいた家の前を通り、ワルシャワ中央に戻ってPちゃんと合流♪

ワルシャワ中央にあるショピングモールをぷらぷら。

ポーランドの有名なビールTyskie(ティスキェ)を堪能し、ワルシャワ中央駅を横切ってホテルへ帰還。

続きはまた次回で♪



Mietek

友だち追加数

Instagram

What's New!? “Co nowego!?”

ポーランドはここだ!        “Tu jest Polska!”

You Tube “You Tube”

リンク “Linki”