※スマホ版は、↑の「メニュー」バーを押すとこのHPの各項目が表示されます。

ようこそ、Nippolska(ニッポルスカ)へ!“Witamy w Nippolsce!”

 Nippolska(Nippon+Polska)は、EU圏において成長著しいポーランド(Polska)の様々な情報を日本に紹介するサイトです。ポーランドにおいて、日本は大変人気があります。しかし、残念ながら日本ではまだまだポーランドはよく知られておりません。日本とポーランドの関係を一方通行に留めないように、両国間のキャッチボールを担う一メディアを目指してNippolskaを立ち上げました。このサイトが日本人をポーランドへと引き付ける“きっかけ”となるよう願っております。

 また、ポーランドのサンドミェシュ地方でしか採掘されない“ポーランドのダイヤモンド”や“ヨーロッパのダイヤモンド”と呼ばれるストライプフリント
日本初直輸入専門ショップJETROおよび駐日ポーランド共和国大使館調べ)も設けております。是非お立ち寄り下さい。

 
 ポーランドと言えば、やはり作曲家ショパンが有名です。管理人Mietek(平野元久)も、学生時代の音楽研究が昂じてこのサイトを立ち上げました。従いまして、音楽のコンテンツも多数アップしていければと思っております。

 

※ポーランドに関する専門的な知識や本格的な情報を求められる方は、必ず該当する専門のページをご確認下さい。

ポーランドのワルシャワにある文化科学宮殿
ポーランドのワルシャワにある文化科学宮殿

ノボテル・ワルシャワ・ツェントルム(Novotel Warszawa Centrum)からワルシャワ中心部を撮影(2009年10月)。ポーランド通は「ノボテルビュー」と呼んでおります。本来のノボテルビューは、ロンド(※)がきちんと観えるべきなのですが・・・。

※「ロンド」とは、その名の通り環状になった道路のことで、信号を設置せずに決められた優先順位に従ってトラムや車は通行しています。写真の下部にそれらしき道路が確認できますね。

文化科学宮殿!“Pałac Kultury i Nauki !”

この文化科学宮殿は、スターリンによって「ポーランドへ贈与」という形で建設され、1955年に完成しました。従って、「ソビエト支配の象徴」とも捉えられる建物に、否定的な考えを持つポーランド人もいらっしゃるそうです。とは言え、ワルシャワのランドマークタワーとなっている現在、文化科学宮殿は歴史云々の前にワルシャワに欠かせない重要なシンボルと言えるでしょう。

友だち追加数

Instagram

What's New!? “Co nowego!?”

ポーランドはここだ!        “Tu jest Polska!”

You Tube “You Tube”

リンク “Linki”